臨床開発ランキングのTOP画像

海外勤務の臨床開発求人をお探しの方へ!

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

最近では、外資系の製薬会社が日本に進出する機会が増えています。それに伴って、東京や大阪、名古屋などの大都市圏を中心として、日本支社が設置されています。日本支社では外国人だけでなく、日本人も多く働いており、経験者を中心として中途採用の募集を定期的に行っています。

CRAという仕事は、世界中で行われている業務のひとつです。新しい薬を世の中に提供するために、CRAは大きな役割を担っています。製薬会社はより効果が高く、患者への負担が少ない薬を生み出すために日々努力を続けていますが、より多くの人々にその薬を投与できるようになるためには、どうしても臨床試験を行わなければなりません。

そこで、実際の患者を対象にして治験と呼ばれる臨床開発試験を行うことになります。CRAは製薬会社のスタッフとして活動をしながら、臨床開発の対象となる病院に呼びかけを行い、病院を通じて治験の参加者を募ります。治験の参加者が決まると、いよいよ臨床開発検査がスタートします。

CRAは製薬会社と病院との間に立ってコミュニケーションの橋渡しを行いながら、製薬会社によって定められたプロトコルに従ってきちんと治験が進行しているかをモニタリングします。そして、詳細なデータを文書にまとめ、国の管轄機関にレポートを提出することで、新薬の承認を得るのです。

上に述べたように、最近では多くの外資系の製薬会社が日本にオフィスを構え、日本のマーケットにおける新薬の投入に積極的に働きかけを行っています。このようなワールドワイドで活動を行っている企業に就職することで、活躍の場は日本にとどまることなく、海外をまたにかけてCRAとして働くことのできるチャンスをつかめるでしょう。

また、ドメスティックの製薬会社においても、特に大手と呼ばれる企業においては、海外のマーケットへの進出を積極的に進めているところが少なくありません。そういった企業に転職することができれば、CRAとして世界各地で働くことができるようになります。

いずれにしても、世界を舞台として働くためには、英語をはじめとした外国語の高いスキルを身につけておくように心がけましょう。CRAのフィールドにおいては、書類の多くが英語で書かれていたり、実際に英語でレポートを提出するなどの機会が多く、日ごろから外国語を使って仕事をするのが一般的ですので、あとは英語を使った会話などのコミュニケーションスキルを高めるようにするといいでしょう。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング