臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発職のやりがい

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発職でも、様々な職種に分かれていて、それぞれの専門分野で活躍することになります。新薬の開発や認可までのプロセスはそれだけ多くの人員と時間、そして費用がかかっていることはここで論ずるまでもないと思います。そして新薬の研究から治験の実施、臨床試験に入るまでの細かい分析や管理業務などその周辺の業務に携わる場合も臨床開発職とカテゴリー分けされるので、その範囲はかなり広いということです。

臨床開発職には、臨床開発モニター、データマネジメント、統計解析スタッフ、メディカルライティング、薬事関連、プロジェクトマネジメント、クオリティコントロール、QC、クオリティアシュアランス、QA、メディカルドクターなどの職種に分かれています。こうした人々がそれぞれの専門を活かして新薬の開発、そして販売に至るまでのプロセスに携わっているのです。

日本の製薬会社では、最近では新薬の研究、開発は縮小傾向にあるのですが、日本国内に進出しているおもに外資系の製薬会社を中心に、臨床開発職の求人は増えてきている現状があります。日本では、欧米に比べて新薬の承認申請や認可までの時間が長いというのが定説ですが、そうした積極採用を行なっている外資系の製薬会社では、すでにそれぞれの専門分野での経験があり、職務を迅速に、よりスピーディーにこなす優秀な人材を探している傾向があります。

製薬会社に勤めていて、その専門分野に関して経験、実績があれば転職などもスムーズに行く事が多いです。しかし、もしCRO、医薬品開発業務受託機関などの出身者でも、モニタリング中心の業務なら製薬会社への転職も可能というメリットがあります。臨床開発職の職歴があり、優秀な方は、より待遇や給料の良いところに積極的に転職することができますし、外資系製薬会社を中心に求人は数多く存在しています。

もし、自分のやりたい事がはっきりしており、目的意識が高く、また臨床開発職に対してやりがいを持って仕事に取り組んでいるのなら、転職の可能性を模索してもよいでしょう。今の環境に甘んじず、より多くの知識と経験を得ることができるかもしれません。臨床開発職専門の転職支援サイトもあるので、興味のある方は他の企業のだいたいの年収の目安や、待遇、仕事内容をチェックして、今の仕事と比較してみましょう。研究開発職の現状やこれからの傾向について調査する、情報に明るくなっておくのは、転職希望者に限らず、どのような立場にある人でもある程度は必要なことです。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング