臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発の仕事内容

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発の仕事内容は、各専門に仕事が分担されています。新薬の開発、治験、そして認可までのプロセスを各分野のプロフェッショナルが協力して一のプロジェクトに携わっていくので、その分色々な専門を持つ人が必要となります。当然のことながら、仕事の内容については、その企業やCROによっても仕事の進め方が多少違っていたりするので、その部分でもそれぞれの環境に入ってから実務で学ぶことが沢山でてくるはずです。

転職してきて、前職で同じような業務に携わっていた場合でも基本は同じだとしても、その経験、知識に上書きしていくような作業が求められます。いつも好奇心旺盛、研究熱心で機能的であることが臨床開発の現場でやっていける秘訣ともいえるかもしれません。

臨床開発の仕事には、モニター職、統計職、臨床企画、プロジェクトマネージャー、クオリティコントロール、クオリティアシュアランス、薬事、メディカルライティングといった求人もあります。こうした職種のなかで、必要とされるスキルや専門知識を磨いて、よりやりがいのある職務、そして職場へとステップアップしていくこともできます。

薬剤師としての知識だけではなく、より治験に関する知識、そしてこれは製薬業全体の傾向なのですが、グローバルデーターの活用やターゲットの絞り込みを行い、より迅速で的確な治験体制にシフトしていっています。外資系の製薬会社では治験などを行なうケースはまだまだ多いですが、全体的にみて、その臨床試験数はここ数年、減ってきているのが現状です。その分、すでにあるデータの適切な分析や、またターゲット層の絞り込みなどデータ解析や応用の技術、そして経験値の多さに比例する状況判断能力が必要な仕事といえるかもしれません。

臨床開発は、臨床の仕事とはまた違ったスキルを求められるもので、実地の試験、研究に携わるだけではなく、その治験の企画や正しい手順で行なわれているか、また国際的な薬物評価基準に違反していないか、適切な条件下で治験がすすめられているかのモニタリング、データ分析、メディカルライティングなど多岐に渡る業務があります。そうした専門家達の努力の研鑽があって、始めて新薬というのは世の中にでていくことができるのです。

漠然と仕事内容を理解しているだけではその職務のプロになることはできません。実地の経験で揉まれながら見についていくことは沢山あるし、そうした経験の積み重ねが将来のキャリア形成にしっかりと役立っていくことでしょう。毎日の仕事内容をしっかりこなすことで、その職務に必要なことがだんだんと身に付いていくことでしょう。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング