臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発の研修

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発の研修、仕事に関しての研修制度は、各企業やCROによっても違ってくることでしょう。基本的に職歴、経験重視の職場ではありますが、新卒者も採用するにはします。とくに最近需要が高まっているCROに関しては、人材の育成のためにOJTを行い、より優秀で専門知識に長けた人材の創出に力を入れています。

基本的には臨床開発の専門職は製薬会社での職歴のほうが全体の流れを見渡すことができます。また転職の場合も製薬会社からCROに移る場合はその専門や職務によっても違うとはいえ、大体の部分で通用しますが、逆にCROから製薬会社に移る場合は限られた部分にしか転職できないデメリットがあります。出来れば最初は製薬会社からのスタートのほうが、臨床開発職としては将来のキャリア形成としては有利に働くでしょう。

CROの役割は製薬会社の業務の増大により、ますます重要になってきており、治験に関するノウハウなら製薬会社に負けない程の実績がある上、お給料の上でも待遇が良いところがかなり出てきており、就業先、転職先として考慮に入れてもいいかもしれません。

臨床開発職に就く場合には、しっかりとした研修を経て実務に取り組みたいものです。現場の実務で学ぶ前に、基本的なことは押さえておいて、新人でも日々の業務をスピーディーにこなし、ハードな実務についていかないといけません。製薬会社やCROで実施されるOJTと同内容の研修をアウトソーシングできる業者もありますので、企業側、そしてCROでもそうした業者を利用して新人の研修や、より高度な知識レベルの習得の為に利用することができるでしょう。そうした研修を通してより質の高いスタッフを揃えることができ、結果的に業務効率がアップします。専門的な業務が多い臨床開発の分野では、こうした研修制度によってもその企業や施設の質が問われることになりますので、できれば十分な研修を行なっているところに勤めたほうが有利です。

また、専門スキルのブラッシュアップに協力的な企業、CROもあると思うので、面接の際にはそういったところもよく質問し、その就職、転職先が従業員に対して適切なバックアップ制度をとっているかどうかをしっかり調べておくと、新しい職務や環境で戸惑うことも少ないかもしれませんね。職務で学べることとあらかじめ知識として研修で学んでおくべきことは異なるし、予備知識やそれぞれの手順、緊急の対応策など、実務において非常に役立つことが沢山学べる研修というのは、たとえばベテランスタッフにとっても重要事項や、新たな条例や改正事項を学ぶよいチャンスにすることができます。新人もベテランも研修を受けることは実務を充実させる点で非常に意味があるのです。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング