臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発に必要なスキル

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発に必要なスキルは全体的には正確に業務を遂行できること、その業務に必要なバックグラウンド、つまり専門知識があることが条件ですが、最近ではテクニカルスキル、コンピュータなどのツールを使いこなして分析やデータ解析を行なう必要も出てきました。当然実務で学んでいくのですが、すでに同職での職務経験があれば、スムーズに日々の業務をこなせますし、技術革新やソフトウエアの使いこなし、また新しい国際基準の導入の際にも迅速に行動できます。

臨床開発職だけではなく、どのような分野の仕事でも当てはまるのですが、最近は仕事でのグローバル化が急激に進んでおり、すでに日本の基準ではなく、国際的な基準に合わせて業務を行なうことが多くなってきました。そうなると当然国際言語、英語の最低限の知識はどの仕事でも必要になりますし、国際基準のアップデートにより敏感になり、あたらしい基準を通常の業務に取り入れていく必要があります。変化に臨機応変に対応でき、製薬業界の編成の流れについていかないといけません。

最近は円高の影響もあり、日本の製薬会社のM&Aの動きが加速しています。自社で新薬の開発をして数十年の歳月と莫大な費用をかけるよりもすでに有力な特許をもっている海外の医療技術メーカーや製薬メーカーを買収するほうが効率が良い為です。いままでは完全な日本企業だったのに、急に外資系製薬会社と吸収合併することもあるし、日本の製薬会社同士の合併も考えられます。

新薬の開発に関しても製薬会社側がその他の業務に多忙なため、治験業務をCROに委託することも一般化しているので、業務によってはCROのほうがより専門的にある部分の業務を学べる場合もあります。

刻々と変化する職場環境や時代が必要とするニーズに対応し、自分のスキルを磨いていくということは、ベテランの社員にとっても大変なことです。最近のIT、情報メディアの成長は目を見張るところがあり、その分情報の共有やデータの処理になどがより複雑化し、その業務に必要な専門ソフトの使いこなしも一つの職業スキルとなっています。

臨床開発職でも、専門の知識や技術が必要なことはいうまでもないですし、職場経験によってそのスキルを磨き、ステップアップしたり、また次の転職の際にその経験が役にたったりするものです。業務上の専門の書類作成のスキル、そして統計を取るスキルやデータ照合、管理、専門ソフトウエアの操作がなんなくこなせることがそれぞれの職務にとってはとても重要なことになってきます。積極的にスキルを磨いて欠く事のできない人材になることが大事です。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング