臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発職の平均年収

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発職は多岐に渡る為、それぞれの専門分野、そしてその企業の給与水準によっても平均年収は違ってきます。しかしながら、薬剤師一般の平均年収に比べるとやや高い傾向があります。特に外資系企業に勤める場合は、その人の持っているスキルによってはかなりの年収が期待できる場合もあるので、十分な臨床経験と知識がある人にとってはよりよい条件の職場に移ることは、かなり一般的になっていることでしょう。

また最近では、数多くの転職支援サイトがあり、薬剤師の就職、また転職に関してもこうした人材紹介サービスを利用することが多くなってきました。転職希望者をあらゆる面からサポートして、条件にかなった求人企業とのマッチングをしてくれます。当然、臨床開発職に関しても専門の人材紹介サイトなどもあるので、転職の際は参考にしてください。

ただし、気を付けないといけないのは、年収がよくても待遇が良い様にみえても、明らかに業務負荷の為の給与アップが明らかな場合、交通の便や職場環境に問題がある場合、つまり転職してから人が定着しない、離職率の高い職場というのは、いくら平均年収以上であっても転職先としては注意しなければいけないでしょう。

また、臨床開発職はかなり専門的な知識、経験を必要とするので、せっかくいままでの職場で培ってきた業務やプロジェクトを途中で辞めてしまうのはもったいないときもあるでしょう。また完全に現職に満足していない場合でも、仕事が面白いとか、やりがいがあるなどで、必ずしも給与水準ばかりで仕事を選べないのも事実ではあります。

目的意識が高く、そして職務遂行スキルにも長けていれば、年収アップ、そして他社から引き手あまたかもしれませんが、まずは自分が本当にやりたいことの見極めが、研究開発職の転職活動には必要な事だと思います。専門スキルがあるだけに、より慎重な行動が求められます。自分のキャリアをよく考えて、転職時になぜ前職を離れたか、そして新しい職場で求めているものはなんであるか、を自分でしっかりと説明、そして説得できるようにしておかなければいけません。

転職をすべて給与水準で選び、職歴に一貫性がないと、後で苦労するのは本人です。せっかく才能があってもこうした特殊な分野なので、職歴に一貫性があったほうが有利に転職がすすむことが多いです。まずは自分のキャリアをしっかりみつめてみましょう。矛盾点、そしてより改善できるところ、そして必要としている経験、知識はないでしょうか。自分を客観視していくところからが転職のスタートなのです。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング