臨床開発ランキングのTOP画像

製薬会社の臨床開発に転職したい方へ

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

薬剤関係の仕事において、製薬会社と総合病院は最もスタンダードであり、かつその資格の実力を発揮することができる分野であるといわれています。総合病院は現場医療の最前線での薬剤業務であり、薬剤師の本業とも言うべき仕事といってよいでしょう。それに対してもう一つの王道である製薬会社もまた違った薬剤業務が多く、かつクリエイティブな仕事をすることができます。製薬会社は薬の販売だけでなく、これからの臨床医療に対して画期的な効果を期待することができる薬の開発という業務を担っています。薬によっては人類の健康の概念を覆すほどの力を持っており、人類を救う仕事であるといっても過言ではありません。

製薬会社でもエリートが業務に携わると位置付けられているのが臨床開発です。薬剤業務の中でも待遇がよく給与や賞与も比較的高い地位の仕事であり、病院かメーカーかといわれているほど職場の人気も高く、社会への貢献度も高い責任感のある仕事となります。そんな臨床開発への転職をどのように成功したのかという実例をあげて、そこから方法を模索していきます。

いくつかの成功例を確認すると、いきなり製薬会社に…ではなく、まずは薬剤師業務もしくはCROでの業務経験をもとに転職したという人が圧倒的に多いです。薬剤師業務では薬の基本から調合などの技術を学び、薬の扱いについてのスキルを高めます。その基本的な知識をもとに製薬会社の臨床開発業務をサポートするCROでの経験を転職の際にアピールしているようです。いきなり転職することは難しいですし、採用の方針としてスキルや経験を重視する傾向にあることから、まずは専門的な経験を積むことを意識する必要があります。

十分な経験年数といっても、特にルールはありませんが、実際の成功例から統計すると、概ね5年前後であるケースが多いです。その多くのケースでは薬剤師業務よりCROでの実績が高い方ほど転職の成功率は高いです。開発力のあるメーカーであればあるほど経験を優遇する傾向にありますので、目標とする製薬会社があるなら、十分な経験年数を積んだ後に応募することが望ましいと思われます。結果的に給与も考慮されますし、自分の力を十分に発揮できる仕事環境であることは間違いありません。まずは転職を成功させるために必要な経験年数を把握して実際に意見を積んだ後に動くことがよいでしょう。転職成功後は高い報酬を受け取る特別な仕事に就くことができます。

<大手の製薬会社の臨床開発職の求人以上をご紹介!>
・アステラス製薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・久光製薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・科研製薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・大日本住友製薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・武田薬品の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・中外製薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・キョーリン製薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・大塚製薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・参天製薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ
・日本新薬の臨床開発の求人情報をお探しの方へ

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング