臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発の志望動機はどうする?

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

いままで臨床開発の仕事をしたことがなくても、またその職務について経験があるが、別の企業、施設に転職するときも、志望動機というのは採用側が必ず聞いて来る面接の定番です。面接を成功させる為に、説得力のある志望動機を用意したいですが、意外につじつまを合わせることが大変だったり、さしたる理由が見つからないこともあります。それなら転職する必要もないのでは、というような曖昧な転職理由だったりすると逆効果になってしまいますので注意したいところです。

実際の志望動機がなんであれ、転職の原因が本当にはどこにあるのか、というのを正直に話す必要はありません。特に採用側にネガティブな印象を与えるような、前職での不満やトラブルなどを面接の場で口にするのは避けたほうがいいでしょう。どのような企業に採用されたとしても、この人は転職先でまた同じ事をいうかもしれないと警戒されてしまうのがおちです。

なるべく、前向きでやる気のある姿勢を見せるような志望動機にしましょう。未経験の職種なら、尚更その職種にすこしでも関連した職歴を強調するとかなにかしらその職務にふさわしい、また潜在能力を感じさせないといけないでしょう。好条件でライバルが多いような仕事なら尚更相手の印象に残るような自己アピール術が必要でしょう。

そうした面接のノウハウも、薬剤師の転職支援、エージェントにアドバイスを受けることができます。もし志望動機などにいまいち自信がない、どのように自分をアピールして良いのか分からないときは、業界の内情に詳しい人に相談して適切な志望動機にする、また職務経歴書でどの部分を強調すべきかを教えてもらって下さい。すべて丸投げではいけませんが、ポイントでそうした専門家の指示は活きてくるものです。自分で内容を良く考え、情報をよく集めて焦点を絞っていきます。

また企業側がどのような人材を求めているのか、求人広告などから推察して、その求人案件にぴったりの人材と思わせるよう自分を演出してみましょう。自分の能力を如何によくアピールし、高く評価してもらえるかが転職活動の鍵になってきます。

年収アップというのが直接の志望動機だったとしてもそれ以上に好印象を与える理由というのを考えてみましょう。将来性のある、前向きな人材であること、新しい環境にも偏見なくすぐ馴染むことができる性格を強調し、専門知識があり、十分な経験があれば恐れることはありません。自信を持って面接にのぞみ、自分のことをアピールしましょう。たとえ失敗してもその度に反省して改善していけば、必ず成功することができます。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング