臨床開発ランキングのTOP画像

新卒の求人

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発の現場では、専門知識やその職務の経験が重視されるので、新卒に対しての求人は多くはありません。そして全体的な傾向として、即戦力が求められる事の多い外資系企業の募集が多くなっているので、新卒の就職先としては条件的には厳しいところがあります。

しかし、まったく新卒の求人をしていないかといえばそういったことはなく、製薬会社、そしてCROを中心に、フレッシュな人材を求めていることもあります。もちろん業務上必要最低限の薬学の知識や英語レベルは必要ですが、それ以上に将来性を感じる人材であるとか、なにか光るものを感じさせる人である必要があります。

薬剤師の資格を活かせる仕事は多くありますが、その中でも実務経験がないと転職できない業種に新卒のときに入りこんでおいたほうが後々のキャリア形成の面を考えても有利です。とくに薬剤師で製薬メーカーに入社できるのは限られていますし、たとえ運良くそうした企業に就職しても営業職になったりで、あまりその資格を有効に使用することができないケースもあるのです。

大学の薬学部に6年も通い、国家試験もパスし、その資格があまり現実では役にたたない、他の医療資格と同等の扱いしかうけないことに失望していては先にすすめません。それなら、早く実務経験を身につけて専門分野に強い人材に自分を磨いていく必要があります。これから薬剤師の有資格者が増え、いまは大口のドラッグストアがその多くの人材を受け入れていますが、後に薬剤師過剰が起こってきたとき、なによりも問われるのは職務経歴であり、専門分野に詳しく即戦力になる人材です。

最初は多少給料が低いように思っても、激務でも専門知識が磨ける、そしてその分野が将来性のある臨床開発の仕事は経験者ならこれからのニーズも多く、将来性はあります。新卒でしか入れない企業、そして身につける事が難しい職歴について、ある意味チャレンジ精神をもって飛び込んでみてはいかがでしょうか。

後で新卒のときこうしていれば、こんな企業を選んでいれば、という後悔を持たないように、情報をしっかりとアップデートし、様々な人と交流を持ちながら職場環境やその具体的な業務について学んで、自分にとって適切な仕事というのをみつけましょう。転職しないでいいくらいの適職が最初にみつかったら、それに越した事はないのです。新卒の場合はまだ経験も浅いし、判断力が十分でないこともありますが、できればインターン就業などのチャンスがあれば、そういった機会を有効利用して慎重に就職先を選ぶことです。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング