臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発の職種の分類

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発の現場では多くの職業がいることになりますが、大きく分けていくと、モニターとなる人と、それをサポートする人、情報を収集する人、薬や治療を提供する人、そしてデータをまとめていく人になることが多いです。これらはそれぞれ臨床開発の現場でしっかりとした立場や役職を持つことになりますが、どのような職業かというと、実はバラバラであることも多いです。

当然臨床開発の現場でやるべきことを知っていて、しっかりとしたスキルや知識を持っていることになり、チームの一人としてそれぞれ仕事をしていくことになりますが、職業という意味では統一されていないこともあります。医師であったり、看護師であったり、あるいは薬剤師などであることが多いです。しかしどのような職業であっても、情報収集、データの管理、モニターになる人のサポートを一定水準以上のレベルで行えることが臨床開発の現場で働ける条件であり、ある意味では、職業はあまり関係ないと考える事もできます。

モニターをサポートする人としては看護師などの、医療経験がある人が行なう事が多いなど傾向が似ている職業の人が行なう事もあります。そうでない場合も当然あると言えます。また臨床開発の現場での仕事は医療関係の仕事をしたことがない人がいることもあります。というのも情報を集めたり、他の企業や医療機関と関係を持っていくにあたって、医療業界以外の仕事の経験が生きてくることもあると言えるでしょう。臨床開発の現場ではそのような人が活躍する場面も大きくあると言えます。

より細かく見ていくと、治験コーディネーターやクリニカルプロジェクトマネージャーなどの立場が作られる事もあります。それらの人が率先して臨床開発を導いていくことになるでしょう。役職や、どのような立場になるかは、臨床開発の現場によって変ってくることも多くあります。そのため自分の行いたいことがしっかりとできるかを就職する前に見ておくことは必要でしょう。

基本的な仕事内容が大きく変ってしまうことはありませんが、細かいところで変ってくることは大いにあるでしょう。そのため就職をする前にしっかりと情報収集などの準備をしておくことが必要になります。新卒でも採用をしてくれると言う場合には、将来的なことを考えて研修を受ける事もあります。経験などがないとしても、将来どのような仕事をしていきたいのかを考えておくことは重要であることに変りありません。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング