臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発は激務か?

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発職といっても、様々な職種がありますから、一概に全ての臨床開発職が激務で常に忙しいとはいえないでしょう。時期的に沢山の案件が重なっているときは、各専門部署ごとに忙しいと思いますし、新薬の研究、開発には途中様々はハードルがあって、創薬から認可、販売にまで至らないで立ち消えになる案件も多いとのことですから、治験まで漕ぎ着ける件数自体、そう多くはありません。

また、日本の製薬業も縮小や合併などで、資金繰りの困難さから思うような新薬の開発ができなかったり、利益を確保する為にジェネリックなどを中心とする事業戦略をとったり、外資系に買収されマネジメントが変わったり、逆に優れた特許をもつ海外メーカーを買収したり、新薬開発事業以外の部分の影響を受けやすく開発の現場もかなり流動的になってきています。

そうした現状をふまえて、新薬の臨床開発職に最も必要なことは、その職務に関しての十分な知識と、職歴です。経験者であれば、転職の幅も広がりますし、優秀な人材は引き抜きをしても欲しい存在なのです。

新薬の開発、そして治験を積極的に行なっているのは、むしろ外資系製薬会社のほうで、そうした企業風土では、例外なく、正確でスピーディー、実務能力に優れた人材を求めています。研修などをする必要がないので、それだけ人材にかけるコストを開発や治験のほうに向ける事が出来る為です。

能力のある人材は、それだけ給料も待遇もいいのですが、その分数人分の働きをしないといけません。そうなるとどんなに分業化された仕事でもそのプロジェクト、プロトコル通りに役割をこなしていかないとならず、ときには、かなりきついスケジュールになることがあります。そのような状態に陥っている場合には、臨床開発職はかなりの激務となることでしょう。

ある程度先の予定が分かっている場合でも、急な案件がでてきたり、また経営陣の判断で、その新薬の開発が中止になったりする場合もあり、そうした計画の立てづらさ、先が読めないところがありますが、職務によってはコンスタントに仕事が入り、あまり仕事に増減がない、ルーチン化しているタイプの仕事も臨床開発職の中にはあります。それぞれの職務に特徴があり、求められているスキルもそれぞれです。

最初は臨床開発職の中でもなにが自分に向いているのか、そしてやってみたい職務を絞りきれないところがあるかもしれませんが、実地で経験を積むうちに、だんだんと自分の将来のビジョンが見えてくることでしょう。そうなったら転職支援サイトで自分のやりたい仕事の求人情報などを調べてみるといいでしょう。チャンスは無数にあります。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング