臨床開発ランキングのTOP画像

正社員の臨床開発求人情報を探す!

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

近年では医薬品を取り巻く法律が改正されることで、ジェネリック医薬品が流通するようになるなど、製薬会社の臨床開発部門の活躍がますます盛んになってきています。

臨床開発部門にもいくつかの仕事があり、医薬品として流通させるための化学的化合物を作り上げていく研究部門や、製品化をするためのプロトタイプを用いて実際に被験者に処方してどのような課題が考えられるかを細かくチェックしたり、副作用などのリスクにはどのようなものがあるのかを詳細に解析・分析したりするモニタリング部門があります。

モニタリング部門には、研究部門と被験者との間に立ってコミュニケーションを行ないながらスムーズにアレンジを行なう治験コーディネーター(CRC)と、それらの治験活動が適切に問題なく行なわれているのかを、カルテを読み解きながら確認していく臨床開発モニター(CRA)の2つのポジションが用意されています。

このように、さまざまな立場のスタッフが密に連携を行ないながらフローを進めていくことで臨床開発部門は運営されています。研究部門においては、それまでに化学合成などの実験・研究分野でのキャリアがあるのが好ましく、一方のモニタリング部門においては、看護師や薬剤師などのキャリアを活用して仕事をすることができます。

臨床開発部門が設置されているのは製薬会社がほとんどですので、一般企業の社員として働くことになります。先に述べたように今後ますます医薬品の開発競争が激化してくることが予想されていますので、それぞれの製薬会社においては正社員として転職者を受け入れるところが増えてきています。

正社員として臨床開発部門に転職したいと考えているのであれば、まずは転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。登録にあたって費用が必要となることはありませんし、登録をすることで一般的な転職サイトには公開されていない非公開の求人案件を含めて、より幅広い求人案件のなかから転職活動を進めることができるようになります。

もちろんエージェントは製薬会社業界に通じたエキスパートがそろっていますので、より具体的にサポートやアドバイスを受けることができますし、自分ひとりでは気づかなかった方向性が明らかになることもあるでしょう。面接の際の受け答えのリハーサルをすることができたり、履歴書や職務経歴書など提出する書類の添削を受けることができたりといったプラスαのサービスも提供されています。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング