臨床開発ランキングのTOP画像

外資系企業の臨床開発に転職したい方へ

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

製薬会社でも日系製薬会社は、日本国内を対象とした薬のニーズだけでは経営が立ち行かなくなってきており、海外の先進諸国の高齢者などを対象にした製薬業務を積極的に行っています。もともと日系製薬会社は、その収入の多くを抱え込んでいるドクターとのなれ合いの中で行ってきた業務が多く、過度な接待などが問題になってきました。最近では接待自主規制の厳格化などによって各事業の競争が激化し、合併吸収などが各製薬会社で繰り返されてきた経緯があります。

それに対して外資系企業の臨床開発は業務の効率化と新しい営業スタイルなどを積極的に取り組み、その豊富な資金源によって作られていく積極的な新薬開発がメリットの一つとなります。また、成績次第で高い報酬を得られる成果主義が浸透していることから、年功序列ではなく優秀であればそれだけ報酬を多くもらうことができる点は魅力的です。積極的な事業展開は大きな経験を積むことができ、それは自分のキャリアとして培うことができます。仕事は忙しいかもしれませんが、その分新薬開発力はかなり高く充実した業務内容になることは間違いないでしょう。

外資系企業の臨床開発に転職したい方はキャリアアップや高収入を期待して高いスキルや志を持ってくる人が多いです。当然競争率も高く、転職を成功するためにはかなりの努力をしなければなりません。

今のスキルで外資系を狙うのではなく、高い競争率であっても自分が採用されやすいように今のうちにある特定の職種を狙っておく必要があります。採用されやすい職種がMR職です。その理由は求人数が比較的多く、かつ年間を通して臨時に求人がでるケースが多いからです。採用のチャンスが多いということは、それだけ採用される確率が高くなります。ただし、臨時の採用が多いことから求人情報の確認は必要になります。また、臨床開発も比較的求人が出されやすい職種の一つですが、高いスキルやマネジメント力を求められることになります。モニター業務の経験もさることながら、ある程度の実績を説明できる程のスキルを持っていないと、高い競争率を勝ち抜くことはできません。

求人は随時出される傾向にありますので、常にその情報を取得する必要があります。狙った会社のホームページなどをチェックすることも良いですが、転職サイトなどに登録して鮮度の良い求人情報をつかんでおくことも大切です。エージェントからの求人紹介や検索システムなどを活用して、その情報をいち早くキャッチし、素早く動くことが採用の秘訣となります。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング