臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発と英語

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発業務に携わっている人にとって、英語の習得はもはや当然のものになってきています。就職や転職の際にTOEICの点数レベルを示される事が多いですが、最低でも中級、TOEIC600以上は求められることになります。これはすでに臨床開発職だけではなく、医療現場、そして製薬業界でも日本だけではないグローバルスタンダードが用いられつつあるからです。

もともと医学用語はおもにドイツ語が用いられていた日本の医療業界ですが、これは戦前、ドイツが医療先進国であり、その技術を積極的に取り入れようとしたのと、英語ではなくドイツ語で病名を表記したほうが患者やカルテを見た人に分かりづらい、つまりプライバシー保護の問題があったのです。いまでは英語でカルテを書く医師がほとんどです。現代では、研究データや実績の蓄積、そして医学論文や最新情報については圧倒的に英語で公開、また配布されるのが普通です。世界のグローバルランゲージとしては、医療現場でも英語が普通に使われます。

治験業務なども国際的な基準に沿って行なわれる必要があるので、臨床開発の分野では英語での理解が必要になるし、GCPで薬物評価基準を国際化、そしてICH、国際的ハーモナイゼーション会議で取り決められた内容を遵守してその業務に当たる必要がある為です。

製薬メーカーが海外の製薬メーカーを買収したり、合併したりすれば、当然社内のコミュニケーションも英語でするようになります。治験の実施でもその傾向はあり、臨床開発試験においてグローバルデーターの活用や業務の効率をよくするためにターゲットを絞った治験を企画したりすることが多くなってきており、そうなると当然英語での読み取りやデータの分析、解析、英語での資料の作成、英語での報告などすべてにおいて英語が一つのコミュニケーションツールとして働くことは当然の流れです。

臨床開発職に携わる人だけではなく、いまはあらゆる業界でグローバル化による再編成が行なわれています。その分世界が小さくなり、新薬の開発や医療の発展には良い状況が整ってきているのは確かですが、医療専門用語の英語は日常の英語と違い難解であり、余程慣れないと習得は難しいでしょう。

英語が大分日常に浸透し、仕事で英語を難なく使いこなす人も増えている日本ですが、それでもまだ世界に比べると英語の習得レベルは高くありません。英語の必要性が叫ばれながら、なかなかその現状は厳しく、これからの医療の発展のために、そして日本の地位向上の為にはかなり高度な英語力が必要となってくることは間違いありません。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

薬剤師の仕事、正社員、契約社員、アルバイト、パート、管理薬剤師の求人もあります。

希望の勤務先、求人を選んでそのカテゴリーですぐに検索できる便利で見やすいサイト。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

マイナビ薬剤師

全国の薬剤師の求人を網羅しているので必ずあなたの街の薬剤師になることができます。

希望にあった転職情報を出来る限り多く紹介してくれるので、その中から選ぶことができる。

納得のいく転職先が見つかるまで、何度でも転職コンサルタントがサポートしてくれる。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

ヤクステ

ヤクステは、株式会社グローアップの運営する、薬剤師専用の転職支援サイトです。

ヤクステは、転職後でも仕事に関しての不安や悩みがあったらいつでも相談にのってくれる。

薬剤師として働くにあたって、職場環境や仕事への満足度にこだわって転職したい人に。

薬剤師の定番の転職先だけではなく製薬会社、CROなどの転職情報もあるので幅広く探せる。

日曜祝日、夜間でも転職の希望条件を丁寧にヒアリングしてくれるので、忙しい人に。

転職に関するサービス、支援などは全て無料なので、転職希望者の都合で気軽に利用できる。

まだ転職しようか迷っているという人もじっくり決めることができる、無理強いは一切なし。

転職後、1年以内の離職率が2010年には1%未満だった。マッチングに定評あり。

© 2012 臨床開発求人ランキング