臨床開発ランキングのTOP画像

製薬会社の求人

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

製薬会社の求人は、薬剤師の求人案件としては狭き門といわれています。臨床開発の仕事に携わることができるのはほんの一握りの人材に過ぎず、また、同じような業務をするのでも、製薬会社での職歴のほうが将来有利に転職を進めることができます。

また、製薬会社は他の機関や施設に比べて待遇や給料の面でも恵まれている事が多く、薬剤師の資格保持者としてはぜひ勤めたいのはやまやまでしょう。営業職など比較的多い仕事ではなく、より専門性を活かした仕事、将来に向けて専門技術や知識を身につけたいならば、ぜひ製薬会社の求人を探して、そうした募集案件にふさわしい人材になるようにスキルアップを怠らないようにしましょう。外資系製薬会社は即戦力を求めるものの、中途採用も多く、なにかしらのスペシャリティを持っている人材に対しては、考慮することもあるので、まずは応募可能かどうか、募集要項を確認し、求職活動をしてみてください。比較的国内メーカーよりも外資系メーカーのほうが給料はいいのですが、その分業務の効率、スピードアップは絶対条件です。結果をだしていくことで自分のポストが確保できます。

そういった意味では競争も激しいですし、実力がないと判断されたらすぐに首を切られる厳しい世界です。ならば日系の製薬会社ならいいのか、安心なのかというとそうでもなく、リストラや合併などでより企業のダウンサイジング、効率化をはからないとグローバル競争に勝ち抜けないので、従来の日本企業の特色は薄れつつあるし、外資系からの買収、吸収合併、また日本のメーカーが技術力、特許を目当てに海外メーカー買収をしたりするケースも多発しており、業界を取り巻く状況は余談を許しません。

そういった状況のなかで、如何に早く専門技術を身に付け、どのような企業でも、製薬会社でも使ってもらえるような人材、そして欠く事のできない存在として必要とされる能力を持つ事が、将来の為にはなによりも大切でしょう。早く自分の得意分野、専門分野を見つけてその仕事での自分の役割を見つける事です。できれば最初に就いた仕事と同じ職種でキャリアアップをしていくことが望ましいですが、万一仕事が合わないとか、仕事内容が想像と違ったなどのジレンマが起こったときは、転職、または仕事内容を変えるなども検討してみてください。

前職に関連した仕事に転職する際はまだいいですが、全く新しい分野にチャレンジするときは、どこから手をつけたらいいかわかりません。そのような場合は幅広い転職支援の実績のある転職支援サービスを利用して、どのように転職をすすめていったらいいのか、また製薬会社へ転職するコツなども教えて貰えることでしょう。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング