臨床開発ランキングのTOP画像

派遣の臨床開発の求人情報を探す!

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発の分野においては派遣の求人情報が比較的多く提供されています。臨床開発の分野は大きく2つの部門に分けることができ、それぞれ研究部門と治験部門となります。

派遣の求人情報はいずれの部門においても提供されていますので、応募する際には自分のバックグラウンドに合った方を選ぶようにするといいでしょう。研究部門においてはこれまで化学系の研究施設で勤務したことのあるひとを対象に募集を行なっていますので、研究開発助手などのキャリアのあるひとでしたらこちらがおすすめです。

一方、治験部門においては、実際に病院に治験者を招いてコーディネートを行なう業務や、治験活動が適切に行なわれているかを定期的にモニタリングする業務などがメインとなりますが、薬剤に関する専門的な知識や、医療分野における知見が求められる機会がありますので、これまでに薬剤師や看護師として仕事をしてきた経験のある人であればより有利に転職活動を進めることができます。

このように、これまでのバックグラウンドに応じておすすめの部門は異なりますが、いずれの部門においてもアシスタント的なポジションが広く求められていますので、経験さえあれば臨床開発の分野において派遣として働くことはそれほど難しくはありません。

ただし、これらの求人情報は一般的に公開されていないことも少なくありませんので、通常の転職サイトなどではなかなか見つけることが難しいといったことがあるかもしれません。そんな時におすすめなのが、転職エージェントへの登録を行なってサービスを利用する方法です。

まず、転職エージェントへの登録の際には費用はかかりません。すべてのサービスを無料で受けることができますので、費用の面で心配している人は安心していいでしょう。

転職エージェントに登録すると、一人ひとりに専任のエージェントが配されます。エージェントと細かな話し合いを行なうことからスタートしますので、これまでに行なってきたことや今後どうしていきたいのかなど、細かく共有するようにしましょう。あとはエージェントがそれに合った求人案件を提案してくれますので、そのなかから気になるものを選ぶことになります。

転職エージェントを利用する大きなメリットは、非公開とされている求人案件にもアクセスができることです。しかも自分に代わって数ある案件から適切なものをチョイスしてもらえますので、実に便利なサービスだと言うことができるでしょう。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング