臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発とCRO

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発業務のなかで、大きな目的の一つである治験業務は、様々なスタッフの専門知識の結晶でもあります。新薬の開発という大きな目標に向かって、今日も、あらゆる専門家がその業務に心血を注いでいます。それにもかかわらず、治験まで行かない案件、また治験をしても途中でその案件が中止になってしまうことは数多いといいますから、その道のりは険しく長いです。また満足いく結果が出せないこと、治験の間にそのプロジェクトが中止になったりすることが、実際はかなり多く、計画通りには進まないことがほとんどです。

製薬メーカーのほうでもいまは業界再編成や合併、M&Aなどが頻繁の起こり、必ずしも新薬の開発や治験ばかりに莫大な研究費、開発費をかけているわけにもいかず、いまはCROと呼ばれる医薬品開発業務受託機関、SMO、治験実施施設支援機関などの外部にその治験業務を受託することが多くなっています。臨床開発、新薬の開発において重要なキーを握っている臨床試験、そしてその結果もCROやSMOの仕事のクオリティ、そして効率次第ということで、その任務はどんどん責任が大きくなっています。

特に都市部や外資系の製薬メーカーのあるところでは、そうした受託機関も多くそのCRO同士の競争も激しくなっています。それに比例するように、CRAの仕事も激務になり、一人で様々なプロジェクトを抱える事もあるようです。

CROへの転職を考えている場合は、今の所業界の傾向としては人材は不足気味ですので求人案件はかなり見つかると思いますし、比較的都市部に多くあり、通勤条件もいいので検討する価値はあります。そして人材が不足しているのもあって、未経験でも研修、OJTなどを用意し、積極的に人材の育成を行なっています。いままでまったく別業種で働いてきた薬剤師、また医療関連の資格保持者も、未経験でも受け入れてくれるCROの仕事から臨床開発の仕事に携わってみるのもいいかもしれません。

給料水準なども、製薬メーカーに比べると多くはないですが、臨床試験の流れやその仕事を実地で学べる事、医療資格を活かし、専門職としてより多くの分野にかかわることができる、持ち前のコミュニケーションスキルを活かすことができるなど、メリットもある仕事です。興味がある方は、まずは転職エージェントなどで、CROへの転職が可能かどうか、カウンセリングを受けてみるといいでしょう。やる気さえあれば受け入れてくれるCRO施設はかなりあるはずです。薬剤師なら、治験コーディネーターのCRC、そして治験モニターのCRAなどがありますが、CRAのほうが薬剤師としてのバックグラウンドを活かすことができます。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング