臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発とCRA

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発職の中で、臨床試験のコントローラーとして、その治験の企画からモニタリング、報告書の作成依頼まで幅広い業務をこなすのがCRAの仕事です。基本的に製薬メーカーでは治験の企画段階からCRAに任せるので、もともと求人案件は少ない上、採用条件としてはすでに製薬メーカーで経験のある人のみに限られています。一方、CROでのCRA業務としてはモニタリング業務が中心になります。

製薬メーカーのCRAとしての仕事経験があれば、CROで働く事は可能ですが、逆はほとんどできません。また製薬会社の方では、求職者に求めるスキルがどんどん高くなっており、ただ経験があるというだけではなく、より臨床試験のスピードアップに向けて優秀な人材を求めています。採用傾向としては全体的に外資系の製薬メーカーでの募集が増えてきていますし、実際に年収の面でも国内メーカーより待遇が良い場合があります。新薬の候補を沢山抱えており、その開発に熱心に取り組んでいる企業が優秀なCRAを必要としていることは当然です。つまり企業の将来を担う意味でも大事な人選をしているのです。実力さえあれば若手CRAでも活躍のチャンスは無数にあり、給料大幅アップも夢ではありません。

経験や目標の達成力、細部に注意を払うことができる能力、そしてある程度職歴を積んだなら、そのプロジェクトを牽引するリーダーシップも必要となります。当然様々な人がその治験にはかかわってきますからコミュニケーションスキルが高いのは基本ですが、慣れればだいたいのことはこなせる様になってきますので心配いりません。

研修などについては、CROが未経験者を受け入れる間口が広いので、積極的に行なっている印象があります。医療関係者、製薬メーカー、モニター、そしてCROといったさまざまな人々の間にたって、橋渡し役になれるように日々そのスキルを磨いていく事が大事です。

CRO、SMOでは、臨床開発モニターが慢性的な人材不足に陥っているので、すでにこの業務で経験を積んでいる人にとってはチャンスがあるし、年収アップにつなげることもできるでしょう。具体的な転職案件の紹介を受けるには、薬剤師専門の転職サイト、もしくは臨床開発の仕事の紹介を専門的に行なっている業者に頼んでみましょう。きっと最新の情報をキャッチでき、速やかに転職を成功させる事が出来ると思います。

また、転職に関してなにか不安や問題がある場合でも、転職支援の実績のあるカウンセラーが相談にのってくれるので安心できます。疑問点や転職に関しての相談は、専門業者に任せてしまった方が安心です。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング