臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発職への転職なら

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

薬剤師の資格を持っている人の転職は、病院、調剤薬局、ドラッグストアに求人数が多いのもあって、それらが大半を占めています。薬剤師の中でも企業で新薬の開発、研究職に就ける人というのは少ないので、臨床開発職、つまりその周辺で治験などを企画、サポート、モニタリングしたり、データの解析、統計を取ったり、新薬の開発から認可までの様々な業務に携わっている人のほうが多いものです。実際に製薬会社に勤めることができるのは、薬剤師としては恵まれているし、自分の専門分野を活かし、なおかつ職務によって専門性を磨き活躍できるという魅力があります。

当然就職活動でも、薬剤師の資格を持っていたら、進路として臨床の現場の病院勤めか、もしくは製薬会社に勤めるかの選択に分かれてくるでしょう。そして臨床開発職の中でもどの分野に進むか悩むことでしょう。もちろん現実的に年収や福利厚生の善し悪しで結論づけることもありますが、できれば自分の適性にあった職務内容を選ぶことが決め手になるし、より将来への可能性が広がっていきます。

薬剤師の平均年収の相場としてはだいたい500万円前後になり、当然臨床開発職関連でもその職務によって幅があります。そして一般には製薬会社に勤めることは高給待遇になるのですが、そのほとんどが営業の仕事で、そうなると必ずしも薬剤師の資格は必要なくなります。

当然、薬学の知識があったほうがよい職務は多いですが、どうせ仕事をするなら、資格が必須ではない仕事に就くよりも、薬剤師の資格が活かせてなおかつその職務を遂行することで専門スキルを身につけることができればより望ましいのです。そういった面では、臨床開発の仕事はやりがいもあり、薬剤師の就職、転職のカテゴリーとしては将来性のあるほうです。

薬剤師のための専門の転職支援業者や医療機関専門の転職サイトもありますが、そういった広範囲の案件を扱っているところでは臨床開発に限った案件を探しにくい時もあるでしょう。そのような場合には、できれば臨床開発を専門に扱っている薬剤師の転職支援業者、転職エージェントに問い合わせる、または登録したほうが早く転職先がみつかるでしょう。

いままでの職務経験を活かして転職する場合、または未経験でも充実した研修制度があるところが見つかったら、まずは転職コンサルタントに相談して、その求人に募集可能か、またどういった面を重点的にアピールするか、面接の時の注意点なども丁寧に教えてくれるので、相談してみましょう。自分では想像もつかないような、思わぬ可能性が開けることがあります。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング