臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発の採用状況

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床開発関連の仕事というのは、必ずしも薬剤師の資格を必要としない仕事もあります。しかし、薬剤や医療全般の知識や実地レベルでの経験があれば、それは大きなアドバンテージになります。当然採用側も、薬剤師だけではなく、医療資格を持っている人を積極的に採用するでしょう。

募集しているポジションによっては、看護師、保健師、薬剤師、臨床検査技師の資格、実務経験を指定している案件もありますし、薬剤師により有利、そして向いていると思われるポジションも多いのです。それはほとんどのポジションでもともと薬学の専門知識があったほうがスムーズに業務が遂行できるし、医療スタッフとの折衝が多いので専門用語のやり取りに通じていた方がいいからです。

臨床開発の採用状況については、製薬メーカーに在籍することもありますが、CRO、つまり医薬品開発業務受託機関、SMO、治験実施施設支援機関などの外部受託機関のほうが実際には求人数が多く、研修を行なって職務未経験の人材でも積極的に採用する姿勢が見られます。もし臨床開発の仕事に就きたいがなかなかチャンスに恵まれない、職務経験がないという場合は、外部受託機関に在籍することから始めるのもいいでしょう。

臨床開発全体の傾向としては、外資系の製薬会社を中心に、またCRO、SMO施設を中心に求人数は増えているようです。もちろんその求人に応募できるだけの実績と経験があれば問題ないですが、常に最新情報に接していてよい案件がでてきたらすぐに行動できるようにしておく事も大事です。転職というのは、タイミングというのが非常に大事だからです。

採用数が極端に少ない、また待遇が恵まれている為に競争率が高くなるような仕事は、当然それに見合ったスキルを持った人材、可能性のある人材を絞りこんできます。人気のある企業、職務に就く為には、それなりのテクニックが必要です。転職市場での自分の価値を知り、適切な対応をすることで、ライバルより頭一つ抜き出ることができます。

自分になにができるか、そして応募可能な臨床開発の仕事がでてきた場合は、転職の専門家、キャリアコンサルタントに相談するなどして、そのポジションを紹介してもらえるかどうか、面接をパスする為にはどういった職歴、または知識をアピールしたらよいかを研究し、ぜひ競争率の高い恵まれたポジションに就いていただきたいものです。その為に日々スキルアップを怠らないようにしてくださいね。エージェントと常に連絡を取り合っていれば、耳寄りな情報や狙っている企業の採用情報などを常にアップデートすることができます。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング