臨床開発ランキングのTOP画像

臨床開発職とは

※人気の薬剤師求人サイトを見る!

臨床の現場で日々奮闘している医療スタッフとは別に、間接的に医療に携わり、その臨床現場での診察、治療の向上の為に新しい技術、そして新薬を開発する仕事のことを臨床開発職といいます。医療の技術は常に日進月歩です。いままでは不治の病、または手の施しようがない難病といわれていた病気でも、新しい技術、そして研究による新発見によってどんどん患者さんは救われ、それぞれの未来を描けるようになります。

そして、治療法が確立している病気でも、より患者さんのQOLにこだわり、体に負担がかかりにくい治療や、より低価格で提供できる薬など、臨床開発職には、医療全体の発展にかかわる重要な役割があります。そうした夢のある、確実に人々の為に貢献できるのがこの仕事の魅力といえるでしょう。

臨床開発は、製薬会社にとっても生命線で、新しい医療技術や新薬の発明などをして特許をとると、莫大な利益が得られます。しかし、御存知のように新しい技術や新薬の開発には、莫大な費用と時間がかかります。また認可されるまでは、気の遠くなるような過程があります。そうした気の長い努力を勤勉に続けていくことが研究職、そして臨床開発職の使命でもあるのです。

臨床開発の仕事は、すこし敷居が高いイメージですが、薬剤師としてはその本領を発揮できる仕事として魅力があります。しかし、優秀で経験豊富な人材は限られており、また最近では十分な研究費、開発費を捻出するのが難しくなっている製薬会社が多いことから、決してだれにでも門戸が開かれているポジションとはいえないのです。実際、最近では治験届出総数や新薬の初回治験届出数は減ってきているのが現状です。新薬を開発するにも、新しい成分や、薬になるような物質がなかなか見つからない現状もあるようです。

それだけに、製薬会社のほうも、新薬を開発できるだけの資金がある会社と、ジェネリックなどの後発品を中心に扱うメーカーと二極化が進んでいる状況です。そうした現状をふまえると、臨床開発職の仕事はそれぞれのメーカーの傾向をよく考えて自分がどういった分野に携わりたいのかをよく考えて就職、転職する必要があると思います。

一口に臨床開発職といっても、その仕事内容はかなり分業化されていて、それぞれの仕事内容によって、求めている人材というのは当然違ってくるので、職種と仕事内容をよく知り、将来の自分のキャリアプランに合わせて仕事を選んでいく、会社を選んでいくことが必要になってきています。求人案件が限られていたり、経験者が優遇されるのも臨床開発職の特徴です。

今年人気の薬剤師転職サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師は、求人、転職情報でおなじみのリクルートメディカルキャリアが運営。

転職の際にブランクがあるのは嫌な方でも、働きながらの転職活動ができるようにサポート。

雇用先と就職、転職希望者のマッチングを適切に行ない、ふさわしい求人の提案をしてくれる。

専属キャリアアドバイザーがコンサルティングをするので、転職者の潜在能力を引き出すことも。

就業後の問題を防ぐ為に、事前に転職先の情報を徹底的に調査し、事前連絡してくれる。

わずが60秒の登録で、個人情報の管理もプライバシーマーク取得のリクナビ薬剤師で安心。

厚生労働大臣認可のサービスで安心な上、無料で利用できるのも、転職には朗報です。

日本全国の求人情報を網羅しているので、UターンやIターンする場合も仕事探しはお任せ。

登録の際の個人情報の管理が気になる場合もマイナビ薬剤師ならPマーク取得企業なので安心。

人事担当だけではなく、現場の人にもインタビューしているので、より詳しく仕事環境が分かる。

丁寧でスピーディーな仕事紹介で、利用者満足度94.6%を誇る人気の転職サイト。

© 2012 臨床開発求人ランキング